Malmöの剣道大会 Sugo & Etsuko cup 開催

Sugo & Etsuko cup3月2~3日の2日間、マルメで剣道大会が開催されました。スウェーデン国内だけでなく、デンマークやノルウェーからも選手が集まる、毎年恒例の大きな大会です。

Sugo and Etsuko Cup』という名を冠したこの大会が初めて開催されたのは、1987年のこと。私が現在所属しているマルメの剣道クラブ、Enighet Kendoこちらの記事もご参照ください)に何度かいらしたことのあるスゴウ先生という剣道家が、あるとき優勝杯(下写真・左)をクラブに寄贈したのが始まりという話です。

一方マルメに剣道を持ち込んだのは、実は日本人女性なんだそうです。スウェーデン人と結婚した日本人・エツコさんが剣道クラブを発足させたのは1970年代のことで、残念ながらご本人は2005年に他界。
Sugo cupを始めた当初は大会の中に女子の部もある、という形だったようですが、エツコさんの功績に敬意を表して、2007年以降は女子の部を正式に『Etsuko Cup』として開催。優勝杯には、エツコさんが日本の剣道大会で優勝した時に授与され、後にエツコさんのご主人がEnighet Kendoに寄贈した陶器が使用されています(下写真・右)。

Sugo & Etsuko cup

この大会では、個人戦(ジュニア(14~17歳)、級保持者、段保持者、Etsuko cup(女子)の4クラス)と団体戦が行われますが、同じ選手がいくつかにまたがって出場しても構いません。

大会1日目に行われたのは個人戦。
Enighet Kendoのメンバーも多く出場し、段保持者クラスではEnighet Kendoの実力者が決勝まで残りましたが、惜しくも勝ち上ってきたナショナルチームの一人に破れ、準優勝でした。

Sugo & Etsuko cup

試合結果とは別に興味深かったのは、約50名の選手が参加した段保持者クラスの試合形式。
まず3〜4人ずつに分かれてリーグ戦を行い、各リーグ内で順位が決まったところで1位と2位に番号が振られ(例えばリーグAの一位はA-1、二位はA-2というように。三位と四位はリーグ戦のみで敗退)、その後予めランダムに番号が入れてあるトーナメント表の同じ番号のところに各人の名前を入れ、そこから初めてトーナメント戦が始まるというもの。

これがスウェーデン方式、という話でしたが、選手が参加できる試合数が増えるので、遠くからはるばる出場した選手にも喜ばれる方法じゃないかと思います。

Sugo & Etsuko cup

2日目は昇段審査(初段~三段)から始まりました。張り詰めた空気の中で、受験者が日本剣道形をきれいにきめている様子を見ていると、まるで日本にいるかのようです。
合計15名ほどが受験。全員の審査が終わると即時に合格者名が貼り出され、歓びの声が上がる中、間もなく会場では団体戦開始へ。

Sugo & Etsuko cup

団体戦は3人制。Enighet Kendoからは3チームが出場しましたが、Aチームは決勝戦まで進出。大将戦が終わったところで同点となり、代表戦にまで持ち越した挙げ句惜しくも破れ準優勝となりましたが、締めくくりに相応しい見応えのある一戦でした。

Sugo & Etsuko cup

実はこの大会には、日本人選手が2名参加していました。一人は我らがEnighet Kendoのメンバーであるヒロさん、もう一人はヨーテボリの道場に所属しているリオさん。たまたま団体戦の準々決勝における大将戦で二人が当たったのですが、日本人同士の試合に会場の皆が見入っていましたよ。
ヒロさんはなんと個人戦で敢闘賞を受賞したほか、団体戦ではEnighet KendoのAチームメンバーとして銀メダルも獲得し、見事ニッポン剣道に錦を飾ってくれました。

スウェーデンにも真剣に剣道に打ち込んでいる方々がたくさんいることを既に知っていた私がこの大会で感心したのは、程よい手作り感があったこと。

Sugo & Etsuko cup
今回審判専門で参加していたのは2、3人で、あとは選手の中の三段以上保持者が交代しながら審判を務めていました。スウェーデンは日本と比べれば剣道界の裾野はずっと狭いので、審判の人数自体も少ないはず。だから仕方のないことでもあるのですが、その一方で審判をすることが有段者の経験にもなるので、とてもよいことだと感じました。
ナショナルチームのメンバーも気負うことなく大会に参加し、一般の選手も気軽に彼らと一緒に試合や親善稽古で汗をかくことができるというのも、裾野が狭いからこその利点かもしれません。

今回は残念ながら、私は怪我のために(こちらの記事をご参照ください)出場できなかったので、記録係などのお手伝いをさせていただきましたが、次はぜひ道着姿で参加したいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>